アイテム紹介

オススメアイテムをご紹介します。通信販売をご希望の方は、特定商取引法に関する表示をご参照ください。

KOKATAT(コカタット)PFD/ライフベスト

(10年に一度、買い替える大瀬個人使用のPFD達 左から、Guide , OutFIT , Ronin Pro 写真:山田マコト)
カヤックを楽しむ上で、非常に重要な事、それは安全です。安全を守る上で非常に大切な装備、それがライフベストです。カヤックの世界では、PFD(ピーエフディー/Personal Floation Deviceの略称)といわれています。Granstreamでは、アメリカのKokatat(コカタット)とうブランドのPFDをお勧めしています。このメーカーの作るPFDは、アメリカのコーストガードの認可を受けており、Type Ⅲ(スリー)、またはⅤ(ファイブ)とうグレードにカテゴリーされています。浮力や形状でわけられるのですが、着用していても身体が動かしやすく、また浮力が7kgのくらいのものが、Type Ⅲとなり、それと同等かもしくはそれより少し浮力があり、特殊な形の物がType Ⅴとなります。私がKokatatというブランドを知ったのは、20年前Vancouverででした。冬のVancouverでカヤックを漕ぐ時にダグ身につけていたのが、Kokatatのドライスーツでした。その時、KokatatはクロージングのみでPFDを作っていませんでした。当時、私はエイアンドエフ社でカヤック営業担当をしていたのですが、KokatatがPFDを新しくラインナップに加えることになり、しかもそれをエイアンドエフ社が扱えるかもしれないということになりました。私はダグが身につけていたKokatatがいいブランドだということは分かっていたので、すぐに扱いたいと希望を伝えました。PFDのラインナップとして、はじめに発売されたのがOutFITですが20年前とほとんど形は変わっていません。OutFITは当時のPFDとしては躍進的なデザインのPFDとしてリリースされました。それまでのPFDに比べ、肩まで入っていたパッドは肉抜きされ、肩がまわしやすくなりました。肩や脇の調節するベルトが増え、身体へのフィッティングも良くなりました。ロータスデザインとうメーカーも同時(すこし早く?)に同じようなデザインのPFDを発売したので、Kokatatが真似をしたのではないかいう話もありました。ロータスデザインのPFDも良かったですが、その後、パタゴニアに買収されて、今ではなくなってしまいました。

それから20年が経ち、ほとんどのメーカーが当時のOutFITのような形となり、各社着心地もそれほど変わらなくなりましたが、私は今も変わらずKokatatをお勧めしております。大きな理由は二つです。アウターの生地のコーデュラナイロンの耐久性は抜群です。シーズンインすると毎日のように紫外線にさらされる私のPFDも大事に使えば、10年は持ちます。20年前、10年前に新調したPFD達も生地は色あせ、所々破れてきてはいますが、中のフォームはへたる事なく健在です。もう一つの理由は、フロントパネルの厚さです。最近のPFDは肩周りの自由度を増すために肩の浮力をお腹部分に集中させています。(Roninにもその傾向があります。)しかし、このお腹の厚みがセルフレスキュー(movie)でカヤックに乗り込む時にひっかかり邪魔します。Kokatat のPFDのスタンダードラインは、肩からお腹にかけて、うっすらとテーパーがかかっているので、カヤックに引っかかりにくく邪魔になりにくいのです。

さて最近、次の30年目に向けて 新しくRonin Proを新調しました。またこの新しいPFDが私の命を守ってくれることでしょう。


Kotatat OutFIT

仕 様

Sizes : S / M / L / XL / XXL
Colors : ■mango ■red 
(写真のカラーはmangoです)

価 格

本体価格 : ¥20,000- +消費税

Kotatat OutFIT Tour

仕 様

Sizes : S / M / L / XL / XXL
Colors : ■mango ■red ■white
(写真のカラーはmangoです)
OutFITやMsFITにポケットやリフレクターが増設されたTourモデル。

価 格

本体価格 : ¥24,000- +消費税

Granstreamでは、主にOutシリーズをお勧めしております。その他のモデルに関しては、Kokatat本国サイトをご覧下さい。クロージングを含め、取り寄せ可能です。Ronin ¥26,000- /本体価格+消費税,Guide PFD,Ronin Pro   ¥35,000- /本体価格+消費税



 

 

 

G3フレームバンド

本体価格 :¥650- +消費税
コメント: Made in Canada(すみません。Itallyではありませんでした。)のG3のストラップです。カヤックのフレームをまとめるのに便利です。すこし伸縮性があり、バチッとフレームをまとめられます。長さは65cm。当店のロゴ入りです。Sarcバージョンの50cmもあります。100本限定で作りました。在庫なくなり次第、終了です。

FC エアースポンソン


本体価格 ::1本 ¥10,000 +消費税  シングルカヤック用。(ダブルカヤック用、エアライン用は、お問い合わせください。)
コメント:フェザークラフトカヤックの船体布に含まれるパーツです。二本で1対、カヤックのガンネル部の左右に設置されています。上から、K1(カサラノ)用、ウィスパー用、カフナ用、Kライト用です。この黒いエアースポンソンが、素材としては、最新モデルです。以前の透明なものより、軽く、張りがあります。すべて電磁溶着でシールされています。

カヤックの船体布から、取り外し可能です。もちろん各モデル長さ、太さが違います。














先端にかけて、テーパーがかかってます。 















リップストップで補強されています。









Raven(レイブン)ウミカジパンツ

本体価格 :¥15,000- +消費税(2014.4.1より)
構想より5年、レイブンパンツに続き、高階救命器具さんに頼みに頼み、製品化してもらったパンツが、ついに今年リリースされます。本州だと、濡れたサーフパンツ過ごして、快適な時期はわずかです。レイブンパンツを脱いだら、このパンツに履き替えて下さい。下半身を濡らさずにパドリングすることが、快適なのは冬に限ったことではありません。ポケットは、開けるとベンチレーションとなります。夏場のキャンプ時のレインウェアとしても活躍します。リリースは、5月中旬。ただいまご予約受付中です。

NRS キッカーズ フェルトソール


申し訳ありませんが、生産中止となり、在庫も終了となりました。

素材:ネオプレーン サイズ:23cm~28cm
本体価格 :¥7,000- +消費税
コメント:フェザークラフト乗りにお勧めのシューズです。ローカットですが、開口部をドローコードで引き締められるため、砂が進入しにくいです。最大の特徴は、フェルトソールですが、シーソックと絡みにくく、カヤックへの乗り込みが楽になります。漁港のスロープは、通常のソールでは絶対に滑りますが、これなら滑りません。ウニのとげが貫通することもないので、いいことだらけです。いかがでしょうか。

Granstream オリジナルパドル Nonuke Greenland(ノーニューク グリーンランド)



Granstream オリジナルパドル
グリーンランドスタイルパドル ’Nonuke Greenland’(ノーニューク グリーンランド)

全長:230cm
最大幅:約10cm
重量:約1.2kg
素材:ブレード部/ウェスタンレッドシダー、ホワイトアッシュ、ジョイント部/FRP
仕上げ:オイル仕上げ or エポキシ&ウレタン塗装
価格:オイル仕上げ      税込み価格 ¥43,200-(本体価格 ¥40,000-)
エポキシ&ウレタン塗装 税込み価格 ¥47,520-(本体価格 ¥44,000-)

送料:お送りする場合は、実費で頂きます。   

奄美大島在住の職人が、電動工具を使わずに、手作りで1本、1本、丹精に製作してます。通常のグリーンランドパドルより、ブレード面が大きく、パワフルに漕げます。2012年の奄美シーカヤックマラソンでは、Heron、nonukeを使用し、約30kmを3時間33分で漕ぎました。巡航スピードは、約8.5kmほど。maxスピードは、10kmを超えています。しっかり漕げば、スピードの出ないパドルではありません。キャッチに神経質にならずにグリーンランドパドルで大きくゆったり漕ぎたい方やK2などのダブル艇でも十分に使用できます。

MTI レイブンパンツ



本体価格:¥28,000-  +消費税

色 : BK
素材 : 本体:4レイヤーAQUA MAX 補強部:500D コーデュラナイロン
サイズ : XS、S、M、L

Size Chart
XS S M L
ウエスト 69-80 72-87 77-92 82-97
股下 69 71 73 75

開発秘話
「何故、パドリングパンツにソックスがついていないんだろう?」と疑問を持っていた私は、高階救命器具の営業の友繁君にちょっとサンプル作ってみてよと頼んでみました。当時、パドリングパンツといえば、裾がマジックテープ付のネオプレーンで絞れるようになったモンペタイプが定番。足が濡れず、水温が低い時期でも気軽にパドリングが楽しめるようなパンツ、それでいてツーリングでも違和感のないデザインを求め、私のお気に入りのデニムのパンツを元にサイジングしてもらい、デザイナーの松村君が形にしてくれたのがこのレイヴンパンツです。それから1年ほどのフィールドでテストを経て、友繁君とも意見交換し、改良を加え、リリースされることになりました。足の濡れない快適さを味わって、パドリングシーズンを広げてください。もちろん通常のレインウェアとして使用も出来、バイク用のパンツやスノーシーンにも役立つと思います。バンクーバーでもダグとダニエルが愛用しています。(FC blog)



本体の素材のザーミダックスは非常に丈夫で、透質性も高い優れた素材です。ポケットはフロントに二つ、止水ジッパーを使用。このソックスが本当に快適です。本体と一体化されていますので、膝まで水に浸かっても中には一切水が浸入しません。ソックスはかなり大きめなので、厳冬期は厚手のソックスを履き、ワンサイズ大き目のパドリングシューズを合わせます。サンダル履きのの時はソックス生地に穴を開けないように注意が必要です。(なにかシューズを履くことをお薦めします。)裾は、すらないようにドローコードで締められます。ウェスト周りは、ダブルになっています。お尻、膝は補強されています。ポケットはフロントに二つ、止水ジッパーを使用。このソックスが本当に快適です。本体と一体化されていますので、膝まで水に浸かっても中には一切水が浸入しません。ソックスはかなり大きめなので、厳冬期は厚手のソックスを履き、ワンサイズ大き目のパドリングシューズを合わせます。サンダル履きのの時はソックス生地に穴を開けないように注意が必要です。(なにかシューズを履くことをお薦めします。)裾は、すらないようにドローコードで締められます。ウェスト周りは、ダブルになっています。お尻、膝は補強されています。

CANADAの西海岸の先住民、ハイダの人たちの神話で万物創生の神とされる「レイブン」(ワタリガラス)。(写真は、ビル・リードの彫刻をバンクーバー民俗学博物館にて撮影

防水繭365(オリジナル寝袋)


グランストリーム オリジナル寝袋 「繭(まゆ)365」

□本体価格:改訂中(3万円前は予定、今しばらくお待ち下さい)
□サイズ:S(身長~165cm),M(~175cm),L(~185cm)*Lサイズのみ
□生地:表地、オーロラテックス(防水浸湿素材)
裏地、40thナイロンタフタ
□内部構造:ボックスキルト構造
□ダウン量:365g(Lサイズのみ、385g)
□ショルダーウォーマー付
□総重量:900g(Lサイズのみ、920g)
□対応温度:摂氏~5度くらいまで
*基本、春~秋の3シーズン対応です。冬季の使用にはインナーをご使用下さい。
□ダウンの増量、打ち直しが可能です。末永くご愛用頂けます。ナンガ製品と同等の保証が受けられます。
□ナンガ純正品と比べ、よりジッパーが噛みにくいよう加工を施しています。(噛み込み防止ジッパーに変更予定)
ナンガ社website

■開発記録
当店が、近江は米原の寝袋メーカー、ナンガさんのラインナップに多少手を加えて頂いて、うちのオリジナルとして提案させて頂いている商品です。冬の琵琶湖をカヤックでふらつき続けること早7年。当初は、雪の降る真冬の奥琵琶湖で漕ぐという話もあまり聞きませんでしたが、ドライスーツがリーゾナブルに手に入るようになり、冬も漕ぐ人が多くなってきたように感じます。そこで冬のキャンプで重要なのが寝袋。冬の奥琵琶湖では雪の上でもキャンプすることがありますので、しっかりした睡眠をとるには寝袋は重要です。しかし基本的にシーカヤックの旅であれば、海抜ゼロの世界。山と違って、冬以外のシーズンを過ごすだけなら、それほど寒さに対応した冬用の寝袋は必要ありません。冬の琵琶湖のためだけに冬用寝袋を購入していただくのも気がひけてなんとかならんかなと思っておりました。

フォールディングカヤックの旅の基本は、荷物は軽く、コンパクト。そうするとどうしても、化繊素材の寝袋より、ダウン(羽毛)の寝袋になってしまいます。何せ、同じ暖かさで比べると、収納サイズと重さが、化繊はダウンの1.5倍ほど。しかしダウンは化繊のお値段も1.5倍、そして、化繊と違い、ダウンは濡れる(自分の息の湿気でさえ)羽毛のふくらみがなくなり、保温力が落ちてしまいます。そこでダウンの寝袋を冬に使用するには、Goa-tex等の防水透湿素材のカバーが必要になります。(自分の息に含まれる湿気がテント内で結露してビチョビチョになるため)このカバーが以外に値段が高く、重いし、かさ張ります。私の冬用として愛用している寝袋はムーンストーンのoptimaという15年くらい前に買ったダウンの寝袋ですが、これのアウター(外側)の生地が水をはじき、寝袋カバーが必要ありません。薄いナイロン素材をアウターに使った寝袋よりは、重量は重くなりますが、カバーを足した重量よりは軽量になります。



そこでです。3シーズン(春、夏、秋用)の寝袋のアウター生地を防水透質素材で作れば、基本的に寝袋カバーが必要なくなります。3シーズンというと大体、10度くらいまで対応となるので、それよりも寒い場所で使う場合はオプションにダウンのインナーを合せて使って頂きます。春、秋は基本3シーズン寝袋、夏はインナーのみ、冬は3シーズン寝袋+インナーで-2,3度くらいまでは対応できるわけです。寝袋の温度対応域というのは、合せてつかうスリーピングマットやテントでも代わってきます。また個々の寒さに対する対応力で変わってきますので、3シーズン寝袋を1、インナーを2とすると、春、秋は1、夏は1もしくは2、冬は1+2、または1のみと個人の対応力や環境において選んでいただけるというわけです。初めは既存のメーカー品で探したのですが、ダウン+アウター/防水透質素材+3シーズン対応 という条件を満たすものがなかったため、運よく近所にあったナンガさんにお願いした結果、ご協力頂ける事になりました。


ナンガの横田さんです。色々、丁寧にご説明頂きました。

お姉さんたちがが一生懸命縫ってました。

5年ほど前に友人の高柳君がナンガさんでオリジナル寝袋を作っており、その折に「近く(同じ滋賀県)だから、行ってきたほうがいいよ。」と紹介してもらいました。それから構想5年。念願のオリジナル寝袋が実現しました。他ののナンガ製品のお取り寄せも可能です。ダウンの打ち直しや、ダウンの増量にも後から対応してくれます。アフターフォローはバッチリです。是非、国産の寝袋をご愛用下さい。



□繭365のネーミング
繭は包まって寝たら、熟睡できそうなので繭にしました。はじめは、英語が堪能な友達に「外国語で繭でいい言葉はないかなあっ」って聞いていたら、「日本語で繭でいいんじゃない?」って言われてそうしました。365は、そのままでダウンの量が365gだからです。はじめは、350gで『繭350』だったのですが、うち(マキノ)から、1時間くらいのところにある福井の今庄365というスキー場にSORマナブ君とSARC久我君と一緒にスキーに行った時のことです。「今庄365は、なんで365なんやろう?」「繭350も繭365にしたら~」ということで、365になりました。すぐさま製造元のナンガさんにお願いして、冷えがちな足元のみ15g増量に対応して頂きました。(ナンガの横田さんありがとう)365日、外で遊んでくださいという意味も込めたいと思います。ということで、写真は初めて作ったグランストリームロゴの織ネームです。普段、人に作ってもらったものを販売させてもらってますが、こういうことに携らせて頂くとモノづくり現場の苦労がすこしは身にしみます。