Feathercraft Folding Kayaks

THE  PARTS  OF A FEATHER フェザークラフトファクトリーを紹介したビデオです。
フェザークラフトカヤックのリペア について

Kayaks

K-Light(ライト) K-Light
Kurrent(カレント) Kurrent
aironaut(エアロナット) Aironaut
Kahuna(カフナ)&  Big Kahuna Kahuna&Big Khahuna Expedition
Wisper(ウィスパー) Wisper
Wisper(ウィスパー)XP(S/L) WisperXP(S/L)
K1 Expedition K1 Expedition
Khatsalano(カサラノ) & Khatsalano-S Khatsalano & Khatsalano-S
Heron (ヘロン)EXP Heron
Klondike(クロンダイク) Klondike
K2 Expedition K2 Expedition
kayakデッキカラー ■closed deck kayaks のデッキについて

素材は、400デニールのコーデュラナイロンを表と裏から完全にウレタンデコーィングした特殊です。
デッキカラーは、左記のカラーとなります。
ハル(ボトム)は黒一色となります。
ORANGEは、YELLOW生産中止となりました。
(2015 /1/23現在)
kayakパーツ
*各モデルの標準装備品およびアップグレード・ダウングレードについて

Sit-on-Tops

Java Java
Gemini Gemini
Jetstream Jetstream
Sit-on-Topsデッキカラー ■Sit-on-Tops のデッキについて

1000デニールのポリエステルナイロン生地です。
デッキカラーは、左記のカラーとなります。
ハル(ボトム)は黒一色となります。

 

*エアー用ポンプ、カヤック収納バック(closed deck kayaksとはタイプが異なります。注文時にアップグレード可能です)、リペアキットは、すべてのモデルに標準装備となっております。
Sit-on-Top kayaksの旅のイメージビデオ
Sit-on-Topsパーツ

Sail Rigs

フェザークラフトのセーリングキットの販売についても対応いたします。詳しくは、お問い合わせ下さい。
(セーリングキットの販売については、沖縄カヤックセンターと業務提携をして展開をしております。)

Inflatables

パックラフト「BayLee(ベイリー)」シリーズについて
BayLee2のデモボートに試乗可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。
*上記商品以外にも、カナダ、フェザークラフト本社での取り扱い商品は全て当店にて取り扱い可能です。

Accessories

Accessories

FCパドル チヌーク(FRP4分割パドル) Nonuke Gleenland(ウッド2分割パドル)
FCビルジポンプ

Kokatat PFD(ライフベスト)

*上記の3点装備は、カヤック本体とあわせて、必ず必要な装備です。上記はほんの1例です。店舗では、カヤックの旅に必要な装備を展示してありますので、是非、ご来店下さい。私たちが実際に使用し、厳選したアイテムをご予算やご要望に合わせて、ご提案させて頂きます。

FC社お勧めアイテム: LTデッキバック、パックカート、コックピットカバー
その他お勧めアイテム:Raven(レイブン) パンツ、Raven(レイブン)ドライスーツ、Raven(レイブン)ウミカジパンツ、NRSパドリングブーツ(フェルトソール)、コイルパドルリーシュ

カヤック旅に適したキャンプカヤック用品やキャンプ用品の取り扱いもあります。ご相談いただければ、ご提案させて頂きます。
取り扱いメーカー:HILLBERG TARPHILLBERG TENT、MTI、aquabound、kokatat、アライテント、MSR、Seal-line、nanga(オリジナル寝袋「繭365」あります。)、マーシャス、モンベル、NRS、Seals etc。Granstreamオリジナルグリーンランドスタイルパドル ”Nonuke Gleenland” もあります。

カヤックギアの開発にも取り組んでいます。MTIレイブンシリーズのRaven(レイブン)パンツは、当店で発案した商品です。現在もRaven(
レイブン)シリーズのテスターとして、高階救命器具㈱の商品開発に協力しております。

Journal

FCcatalogue FCcatalogue ■CANADA版 Feathercraft(フェザークラフト)ペーパーカタログをご希望の方は、300円分の切手を同封の上、ご郵送下さい。ご来店頂いた方には、差し上げております。価格が記入されていませんので、ご家庭でも安心して広げられます。
coyote_doug coyote_swedencoyote vol.10 のバンクーバー特集で、ダグがフィーチャーされています。当店でも販売中です。表紙は、ダグのバックショットです。私もホームステイした時に同行するダグのカヤックでの通勤風景が紹介されています。

coyote vol.44 のストックホルム特集で、写真家の石塚元太呂君が、Wisperを使ってストックホルムのインナーパッセージを旅しています。石塚君は、カヤックを使って、氷河にアプローチします。当店のWisperがストックホルムまで旅してきました。出来れば、私も収納バックに入って、北欧へ行きたかったです。
Bepal bepal_minishiBE-PAL(2008年8月号)
2007年にダグ、ダニエル、エヴァン、仲村さん、ジュンさんと行った九州から沖縄へのセーリングカヤックの旅についての話をジュンさんが、ビーパル8月号、9月号、10月号で紹介してくれています。イラストは奄美の太陽、サバニ&カヤック乗りの伊東孝志兄さんです。
kayak172 kayak1kayak~海を旅する本(vol.30~)
2007年、2010年にダグたちと行った(継続中)九州~台湾へのセーリングカヤックの旅について、私(大瀬)のレポートを連載させてもらっています。書店では販売していませんので、カヤックショップかWEBでお求め下さい。
WILDERNESS(創刊号)
2012年のGranstream奄美トリップをホーボージュンさんがレポートしてくれています。
HUNT02
HABICAL STUFFとの伊豆の旅が特集されています。