Heron EXP

heron-side
heron-top

仕 様

Length 5.4m
Beam 61cm
Cockpit 75 x 41cm
Weight 24.5kg
Max Payload 185kg
Assembly 40min
Pack Size 92 x 46 x 30cm


現行モデルは、スターンデッキのDリング用のループが1セット減っています。

価 格

本体価格 /  ¥770,000- +消費税 (2015.1.23 価格改訂)

付属品

ミディアムバウ&ラージスターンハッチ&スモールスターンエンドハッチ
(ハッチはダブルコーテッドナイロン素材が標準装備です。)
トラベルスタイルバックパック
スプレースカート、シーソック(ダブルコーテッドナイロン素材)
デッキコード&デッキリギング
トラベルスタイルバックパック
ピボットフットブレイス
フリップアップラダー
デッキセンター補強
リペアキット
組み立て説明ビデオ&組み立て、取り扱い説明書

オプション

セーリングキット


幻の白いヘロン/伊東 孝志  画


待望のHeron(ヘロン)がついに出ました。鷺(Heron)の首のカーブでバウエンドのラインをイメージしたことから、この名をつけたようです。ダグからHeronの構想を聞いたのは2009年の秋。そこからテストにテストを重ね、満を持して産み出されたカヤックです。全長はK1より、40cm長い5m40cm、カサラノと同じ長さです。幅は2.5cm細い61cm。K1より10kgの積載量アップを図りながらも、スピードはアップし、反り上がったキールの絶妙のバランスがよりコントロールしやすさをもたらしてくれました。ダグはこのカヤックをK1とカサラノの融合と位置づけています。私はこのHeronがダグにとってカサラノ以来の本当に自分のために(自分が欲しくて)デザインしたカヤックであると思っています。日本の海を日帰りや週末で漕ぐには、オーバースペックなカヤックかもしれません。しかしHeronには、もはや語られる機会が少なくなった「浪漫」という言葉がよく似合います。日本の外洋の島渡り、または世界中の海をカヤックで自由に旅する浪漫を追い求める方におすすめです。私も時には帆を立て、時には漕ぎ、40代はこの船で世界中で暴れる予定です。(大瀬)


仲村忠明作のsabaniセイルを装着した夢の飛び道具、セイリング ヘロン(2011年瀬戸内トリップ)