f:id:ocean46:20170224104202j:plain
カラー/ベージュ

f:id:ocean46:20170224104818j:plain

カラー/ボルドー

現在、ベージュ、ボルドーとも在庫はありません。次回入荷は、6月末となりますので、オーダーを受け付け中です。そのダウン量の調整も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

 グランストリーム オリジナル寝袋 「焚き火繭(まゆ)365」

□価格:37,800円(消費税込み)/ 35,000円(本体価格)
            *Lサイズのみ、39,420円(消費税込み) / 36,500円(本体価格)

□カラー;ベージュ、ボルドー
□サイズ:S(身長~165cm),レギュラー(~175cm),L(~185cm)
□パッキングサイズ:17cm*30cm(ダウン量 365gの場合)10Lの防水バックに収納可。

f:id:ocean46:20170224110932j:plain

□生地:表地、ポリエステル・ケブラ混合(難燃素材) 裏地、15dnナイロンタフタ

f:id:ocean46:20170224102614j:plain
パリパリ感、シャカシャカ感のない自然な風合いです。

□内部構造:ボックスキルト構造
□ショルダーウォーマー付

f:id:ocean46:20170224104942j:plain

f:id:ocean46:20170224102017j:plain

□ダウン量:365g(Lサイズのみ、385g)
 50g単位、200gまでダウン量を増量することができます。50gにつき、1620円(税込)up。納品までにかなりお時間を頂く場合があります。ご了承ください。

□総重量:1200g(レギュラーサイズ)

□対応温度:摂氏10度くらいまで春~秋の3シーズン対応です。冬季の使用にはインナーをご使用下さい。

□ジッパー:基本右側(左ジッパーは受注発注)右と左ジッパーで二つの寝袋が接続可能です。ナンガ社オリジナルの噛み込み軽減ジッパーを使用しています。オリジナルの真鍮&アンティークビーズのジッパータブが付属しています。

f:id:ocean46:20170224102928j:plain
基本、焚き火繭は右ジッパー仕様ですが、左ジッパーと右ジッパーで組み合わせるとドッキングが可能です。左ジッパーをご希望の際にはご指定ください。オリジナルの防水繭とも組み合わせ可能です。ジッパーの長さは各サイズ同じ長さですが、ジッパーのロットによりピッチが異なる場合があります。その場合、多少噛み合わせがずれる場合がありますのでご了承ください。

f:id:ocean46:20170409162323j:plain

□ナンガ社と共同開発し、ナンガ社で製造しています。ナンガ製品と同等の保証が受けられます。すべてのナンガ製品(寝袋)は有償ですが、ダウンの打ち直しや、ダウンの増量にも後から対応してくれます。ダウンの洗浄も依頼可能です。生涯ご愛用頂きたいと思います。詳しくはナンガ社ウェブサイトをご覧ください。http://nanga-schlaf.com/

f:id:ocean46:20170224102312j:plain

■使用上のご注意
焚き火繭の表地は非常に熱に強い素材を使用していますが、あくまでも防燃ではなく難燃素材です。火の粉を被ったとしても穴は空きにくいですが、表面が少し溶けたり、焦げたりすることはありますので十分にご注意の上、ご使用ください。また難燃素材は表地の部分だけに使用しております。裏地部分は難燃素材ではありませんので、こちらについてもご注意ください。ダウンボールは汗や脂で汚れてくるとロフトが落ち、保温力も落ちます。積極的に洗濯してください。こちらについても、詳しくはナンガ社ウェブサイトをご覧ください。http://nanga-schlaf.com/

f:id:ocean46:20170204201225j:plain
photo by N.nishino

■焚き火繭開発記録

2011年、焚き火繭の原点にあたる防水透湿素材をアウターに使ったオリジナル繭365を制作しました。カヤックの旅は水辺の旅。アウターが薄手のナイロン素材だとどうしても、ダウンが水分を含んでしまい、羽毛のふくらみがなくなり、保温力が落ちてしまいやすくなります。そこで当時、ナンガさんのラインナップになかった防水透湿素材の3シーズン(春、夏、秋用)の寝袋を当店のオリジナルで作ってもらうことになりました。運良くナンガさんは琵琶湖の対岸にあり、同じ琵琶湖の業者ということでご協力頂けました。それから5年、繭は多くの人に愛用して頂き、また自分の寝袋としてもいろんなところを共に旅して快適な睡眠を提供してくれています。そして5年間ノートラブルです。ここ最近、私はテントを使わずにタープの下で寝ることが多くなりました。焚き火の残り火の横で火のぬくもりを感じて、星を見ながら寝るのが一番気持ちがいいのですが、従来のオリジナル繭だと火の粉をかぶるだけで穴だらけになってしまう、そんな時に焚き火繭に使われている難燃素材の存在をナンガさんから聞きました。オリジナルの防水性はありませんが、ポリエステルとケブラーの混合素材なので、従来のナイロンタフタよりは撥水性も高く、当時なかった撥水ダウンというダウンを使用することができたので、日本初(世界?)の焚き火用寝袋として商品化することにしました。これからは焚き火繭と共にもう一歩、自然に近いところで快適な睡眠を皆さんにもお楽しみ頂きたいと思います。

f:id:ocean46:20170204191631j:plain
photo by N.nishino

「夜空の下、焚き火の横で寝よう!」

 Akimamaでも紹介されました!