カヤックの安全講習会(セルフレスキュー&リカバリー トレーニング)報告

8月3日(土)、4日でカヤックの安全講習会(セルフレスキュー&リカバリー トレーニング)を行いました。暑い中、関西圏を中心に遠くは関東からもご来場頂き、モチベーションの高い参加者にお集まり頂き、充実の二日間となりました。

今までのようにフェザークラフトユーザーだけではなく、アルフェック、フジタカヌーや3分割のセドナのユーザーにもご参加頂きました。フェザークラフトカヤック意外については僕も勉強不足の部分があるので、参加者のカヤックに乗らせて頂き、そのカヤックの特性や安全面で注意するポイントについてアドバイスさせて頂きました。

講習の内容は、ご案内の通り、下記の内容で講習させて頂きましたが、安全な航行を生み出す疲れにくいフォワードストロークや仲間でのグループレスキューについても講習内容を追加しました。サポートは、山口将大。

3日(土)カヤック安全講習(初心者から経験者まで)
セルフリエントリー(カヤックがひっくり返ってしまった時の対処法)を主に講習します。一度、できればいいというものではなく、実際、荒れている海や琵琶湖でそうなった場合に使える技術をお伝えします。装備面についてもチェック、ご相談に乗ります。

*バランスを失ったときの復元の仕方
*沈(カヤックでひっくり返ること)時の対処法
*沈しにくい(荒れても漕げる)漕ぎ方とは
*リーン(カヤックを自ら傾けること)を伴った操船方法

4日(日) カヤックスキル講習 (経験者向き、初心者でも参加可)

バランスを失った後の復元技術の講習会です。ロール(ひっくり返った状態からカヤックから出ずにパドル操作で復元すること)は必ずしも必要な技術ではありませんが、身につけることで

*ローブレイス、ハイブレイス
*スイープロール
*スカーリングリカバリー


フジタカヌーに乗らせてもらう。各カヤックの特性をチェックした上で、対応をレクチャーさせて頂いた。


セルフリエントリー(一人での再乗艇)。沈(ひっくりかえって落水すること)したら、100%、必ず一人で乗り込む必要があります。シーカヤックの場合、これが最終バックアップとなるので、ひたすら練習。

 パドルフロートを使ったセルフリエントリー


アルフェック エルズミア


グループレスキュー。セルフリエントリー(一人での再乗艇)が基本ですが、仲間のサポートがあれば助かります。


パドルフロートを使ったロールトレーニング。


アリューシャン帰りの山口将大