冬の若狭湾、日本海合宿


快晴。風もなし。普段なら内外海半島久須夜ヶ岳にかかる雪もなし。遠くには丹後半島もよく見えます。まさかのべた凪コンディションの冬の日本海合宿初日。10年以上やってきて初めてかもしれません。しかし、凪ぐと本当に綺麗な冬の日本海。水の透明度は抜群です。

大荒れの日本海を期待して集まった参加者は4名。遠方は神奈川からも来て頂きました。すこしみなさんがっかり気味?ですが、早速カヤックを組み立て、ドライスーツを着込み、冬の海へGo! スタッフは僕、大瀬とサポートで近藤恭輔氏に入ってもらい二人体制です。近藤恭輔氏Website


沖に出るとうっすらウネリがありました。水温10度、気温5度。しかし海上は清々しく気持ちがいい。


全員、ドライスーツ着用頂いています。レンタルもあります。僕が使用しているドライスーツとレンタル用は、BLUESTORMフルドライスーツ。開発に関わり、当店で販売もしています。


木造の船の舳先だけへし折れて流れ着いていました。北朝鮮からでしょうか。合掌。


初日は、午前、午後と夕日が沈むまで、トレーニングしました。荒れている海で漕ぐためのフォワードストローク、スイープ、リーン、リカバリー、そして転覆からの再乗り込み、波があるビーチでの出艇、上陸方法。丁寧にみっちりやりました。シーズン初めに基本の確認でもあります。

夜から雨が降り出し、二日目は初日と打って変わり、雨、風、そしてウネリ。初日で行ったトレーニングの実戦でウネリの海に漕ぎ出しました。それほど大きいサイズではありませんでしたが、冷たい水、風は緊張度を高めます。今年も無事に事故なく終了しました。

3月に同じような日本海合宿を行います。ツアースケジュールを興味ある方はチェックしておいてください。